中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の社会20

FrontPage

MenuBar
FrontPage

中国の社会20
中国の歯磨きクリーム

先日、アメリカで、中国製の歯磨き粉が発売禁止になった。

歯磨き粉だけでなく、小児用玩具も同様で、

中国は、対策に追われたようで、現在は

業者協会も自主管理を、輸出品には強化するそうです。

時々、テレビで工場の、監査の実態が出ますが

それを見ると、食べる事が躊躇われる製品が

市場に出回っているのでしょうが、

作る所を見ていないので、平気で食べています。

本来なら、作る人が注意して作ってくれれば

この様な、問題は起こらないのに、作る人の

頭にあるのは、金儲けだけでは、必ず問題が

起きるのは避けられません。

中国にお越しの節は、胃腸薬持参でどうぞ。

日用品も日本から持参が、安全のようです。

中国に無い物1

中国に無い物のひとつは、選挙 でしょう。

中国では、全ての政府関係の職は、選挙

ではなく、試験かボスの裁量で決まるので

選挙は、全く有りません。

もし仮に選挙が有ったら、選挙違反が

続出するのでしょうね。

人間の繋がりで、成り立っている社会では

選挙の時には、必ず義理、人情が出てきて

選挙違反に陥り易いのは、日本で経験済みで

どうも、アジアではこの傾向が強いようです。

義理、人情は日本だけに有るのではなく

アジアでは、何処でも見掛ける事が出来、

人間の繋がりで成り立つ社会なので、

温かみが有るのでしょうね。

中国の食の安全

中国では、食の安全は国家が管理している。

唯、国が広過ぎ末端までは目が行き届かないのが
現状の様です。

これは、作り手側にも問題が有るようです。

生産者は、食物を作る時に出来た食物で食中毒を起こしたら
どうしよう 等とは決して考えていないからです。

1つには、もし食中毒を起こしても、隣の省へ行けば
又始められる状態、罰則の無さにあるのかも知れません。

元来、食は自分で自分を守るもの と考えている所で
食中毒になるのは、なった人が不注意であったからだと
考えられるからです。

その様な考えで食物を作る為、時には危険な成分を混入させ
たりしてしまうのではないでしょうか。

最も、水質の悪さも一因しているのかも知れません。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">