中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の社会組織

FrontPage

中国の社会組織

中国の社会

中国は、国家であって国家でない。

日本が目指す地方分権が、中国には既にある。

逆に、地方分権が強すぎて、国家としての統制が取れていない

所に問題が有る様で、日本と中国は丁度反対方向に、進んで

居る様に感じる。

中国は、長い歴史の中で、国の中が統一されず、省が違えば

外国人と同じと感じている国民にとって、確かに地方分権が

先ず有り、地方が集まって国家になった経過から、現在の

管理体制は、成り立っているのではないかと、

考えてしまいます。

それ程、政策は省に拠って異なり、同じ省内でも地域に拠って

異なります。

外国人から見ると、この状態は無政府に等しく感じ、中国は

解らない国と、判断されるのではないでしょうか。

国の規則ですら、地方に拠って異なり、此処では駄目なものが

他の町では、問題なく合法となるのも、中国ならではです。

例えば、労働ビザは現在、自国の中国大使館でなければ取得出来

ないという地域が、有っても、他の地域では問題なく中国内で

取得出来たり、する現実は中央の規則が、地方まで達していない

証明ですね。

この様に、中国では町の拠って規則も違うので、標準が無いのが

外国人には、理解出来ない原因を作り出している要因かも

知れません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">