中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の社会構造

MenuBar
FrontPage

中国の社会構造、組織

中国の保険1

中国では、最近保険に入る人が多い。

以前はこれ程、保険に入る人はいなかったのに、何故ふえたのだろうか?

日々の生活が豊かになって、未来を見る事が出来る余裕が出てきたのか?

中国は、昔から政府が変われば、社会が変わっていたので保険会社が

潰れて、保険金など貰えなかったのが、現在の政府は長期に渡り

安定しているので、保険を買い出したのか、定かではない。

だが、中国人が保険を買い出した根底は、老後の安定である事は

明らかでしょう。

保険の種類も、5年積み立てると 毎月35歳から月3000元が

保険会社から支払われるという 保険もある。

現在の物価なら、楽に生活出来る水準ですが、物価が上がれば

当然生活出来なくなるのに、中国人は気づいているのでしょうか?

中国の身分制度

中国には、身分が身分証の中に書かれている。

大都市の出身者は、都市市民で米の配給を受けられる(現在は、無いみたいだが)

それに反して、多くに市民は農民の身分で登録されている。

この人達には、米の配給は別の所からくるようだ。

市民は、自由に住居を替えられるが農民は届出制(現在は殆ど無視されている)には

なっているようだ。

この身分は、同じ家族の中でも異なる、上と下の兄弟が農民で、まんなかの1人だけ

市民の身分であったりする。

どうゆう仕組みで、どうゆう裏があるのかは今の所解りません。

中国の郵便事情

中国では、一般に電話が通信手段の筆頭になるだろう。

広東省では、殆どの人が携帯電話を持っていて、暇な時に電話で

友達と話している。

その為、平均200−300元は、電話代に使っている。

中国の電話課金システムは、かけても、受けても料金を必要とするもの

受けだけは、ただのもの、自宅の固定電話に課金されるもの等

いろいろあるが、国際電話は別に登録しなければならない。

新しい番号を登録する時には、国際電話も同時に申し込み出来る。

外国人でも携帯電話の登録は、簡単で既に登録された電話番号を

電話販売店などで、売っている(但し国内のみ)。

これを買って直ぐに使用開始出来るので、簡単ですがその後料金

カードを買わないといつの間にか料金がなくなり,

使用出来なくなる。

残高は、電話で確認出来るので1か月飢鵑蓮▲船Д奪が必要です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">