中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の自滅

FrontPage

中国の自滅

中国では障害児の出生率が増加している。
現在の割合は全体の5.6%で、1996年の0.87%に比べるとその差は歴然だ。

PM2.5と水道の重金属汚染、食べ物への添加剤と化学薬品ずけの
食べ物等全ての物が、人間の生存を拒んでいるようです。

毎年90万人の障害児が生まれている現状を変えなければ
確実に中国は自滅する運命です。

世界保健機関(WHO)は、障害を持った新生児が高確率で生まれる国に中国を認定している位ですから、中国は天から警告を受けている訳です。

それでも、行動は遅く未だに効果的な対抗策を取れずにいます。

尖閣だの南沙だのヒマラヤだのと言って居られる場合ではなく
直ぐに動き出さないと、中国は人の住めない土地になってしまいます。

そうなるから、沖縄を分捕って移住するしヒマラヤからインドを
分捕って移住するとでも考えているのでしょうか?

中国人が大挙して移住すれば、第2の中国になるのは目に見えています。

やがては世界中が中国になり人間の住めない土地になる恐れさえ
有る位です。

日本の公害防止技術で対処できるうちに行動してもらいたいものです。

中国人の面子等と日本人から見た見栄を張らずに人間素直になる時も
必要です。

今や中国は、地球を汚染し地球が危なくなるのも時間の問題でしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">