中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の子供

FrontPage

中国の子供

中国のひきこもり

中国の華南地域では、どこでもインターネットが出来る。

ちょっとした町には、インターネットカフェが必ず在り、
多くの人がインターネットカフェに出入りしている。

大規模で、会員カードを発行しキャシュレスで出来る所から
小規模で5,6人で満員になるインターネットカフェまで
千差万別ですが、ネットスピードはそれ程変わらない様です。

深せんのある町では、中学生がインターネットのゲームに
没頭して、小学6年から中学1年の2年間自由時間は、全て
ネットカフェで過すという生活をしていて、登校時に道で
倒れて、死亡した。

学校が休みの時には、朝から夜の11時までネットカフェで
過していたと言うから、大変な事でしょう。

こんな生活を2年も送る事は、健康上も良くない筈ですが
小学生が、こんな生活をしている事を親は注意しない事も
問題でしょう。

中国の親は、注意はしますが子供が言う事を聞かないので
こうなったのでしょうが、他方には手が掛からないから
良いと考える親もいるようです。

もともと、中国では子の躾なるものが全く無いか、有っても
子供は、全く無視する環境が蔓延しています。
丁度、最近の日本の家庭の様です。

子の躾は、親の最大の責任の筈が、いつの間にか無くなり
醜い世界が現出して住難い世の中になりました。
引きこもりも躾の一部ではないかと感じるこの頃です。

躾 子供
健康 突然死

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">