中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の最近の気候

FrontPage

中国の最近の天候

中国の最近の天気

5月下旬から雨季に入った様で、ここの所よく雨が降る。

日本の梅雨と違って、華南では熱帯と同じ様な土砂降りの雨が
時々降り、また止む。御蔭で貯水池の水も満杯になり水不足の
心配は暫くしないで済むのが有難い。

ただし、この時期の遠出は傘を持って出ても、傘が役に立たない
雨降りなので、つい億劫になり出不精になりがちです。

この地の人々は、殆ど傘を持たず外出するかポケッタブルジャケット
を持ち歩くようです。<

(大多数の人は、何も持たず濡れる事は余り気にしないのか
又は、雨が止むまで濡れない所で待機しています。)

ポケッタブルジャケットと言っても、雨降りに自転車に乗る時に
着るジャケットですが、確かに傘よりは便利なようです。

中国では、傘が無くても誰も入れてくれる人はいませんので
普通はずぶ濡れで、歩いているのが良く見掛ける風景です。

中国の紋白蝶(2009.6.8)

中国の紋白蝶は、行動が素早く大きい。

日本で蝶は、花の間をふわふわと飛んでいるのきり見た事が
有りませんでしたが、中国では小さな木を一気に飛び越え
鷹の様に舞い降りています。

丁度鳥と同じ位のスピードで移動する蝶が居る事に、驚きです。

形は少し日本の紋白蝶より大きいですが、それにしても
桁違いの行動力です。

その代わり、花の間をひらひらと舞うのはあまり得意でないのか
直ぐに大きく移動してしまいます。

日本にいては、想像出来難い光景ですが、繊細さには劣とる
中国の蝶です。

中国の台風

中国の台風は、日本に来る台風よりは規模が小さいのが普通。

台風は、日本に着くまでに発達して強大になるが、
中国では、誕生から間もなくもものも多く、偶に大きな
台風が来ると、中小河川の氾濫になる。

風の強さは、風速20メートル位が最高に近いので、めったに
風の被害が出ないが、たまに50年来最高の台風が来る事も
無い訳ではない。

台風が上陸すると、あっという間に勢力が衰え内陸部では
殆ど台風の被害が無い。

日本の様に狭い国土で回りを海に囲まれていると
台風の列島縦断等が起り縦断中に勢力が衰えないのは
陸地が狭いせいなのでしょう。

この様な気候条件下では、建物は風の対策等は、殆ど無く
ちょっと強い風で、飛ばされる屋根や看板は日本とは
作りが根本的に異なります。

ポケッタブルジャケット スコール
台風 蝶

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">