中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の交通機関

FrontPage

中国の交通機関

中国の公共交通機関

中国で、公共交通機関と言えばバスでしょう。

それ位、バスは全国で走っています。

農村部では、バスのみの所が大多数でしょう。

都市部でも、広州では町の津図浦々まで、ルートがあり

バス路線マップまで道端で売られています。

この、バスマップは非常に便利で、雨の日でも傘なしで

バスを乗り継いで、目的地に着く事が出来るくらいです。

ただし、運行時間に関しては、渋滞がいたる所にあり

何時くるか分かりません。

生活のパターンが、午前か午後と言う約束のしかたなら

問題は、ありませんですね。

中国のバス

中国のバスは、運転が荒っぽい
急発進、急停車、急進路変更と昔の神風タクシーと同一の
運転だ。(神風タクシーとは傍若無人に都内を走り回ったタクシー)
年寄りなど立っていられない。

おまけに、停留所近辺で、停車して見過ごすとさっさと行ってしまう。

乗客は、停留所付近で、右往左往して、バスに乗車している。
まるで、乗客が無料で乗せて頂くような状態である。

それでも、全てのバスには、ICカード読み取り装置が付いていて
現金の必要が無いので、便利である。

又料金は、全線共通で1乗車、空調付き30円、空調無し15円
と安いので、市民の足として、使用されている。

中国のバス

中国のバスには、車掌がいる。

だが、日本のように立っている訳ではない。

乗客が立っていても、平気で座っている。

乗客が座ると文句を言って立たせてしまう。

乗務員には、サービス業と言う考えも、サービス業が

何かも理解されていないし、会社からの指示が有っても

無視されていて、自分達に都合の良いルールを勝手に

決めているようだ。

中国の長距離バス1

中国では、鉄道が国土の割りに少ない。

その為、長距離バスが庶民の足となっているが、このバスは
小さな会社が運営していて、時には夫婦で1台のバスを
運営すの、3ちゃん企業も多い。

1工程30時間位を、2人の運転で夜間も走り続けるが
乗客は、ベッドに寝たまま目的地につける。

バスの構成は、普通の観光バスを2階に改造して
天井の低いのは、ベッドに寝て我慢する。

これで、運賃は250元位が普通だが、祭日、春節前は
倍の500元に跳ね上がるが、それでも飛行機よりは
安いので、殆どの人はこのバスを利用する。

華南の中距離バスは、かなり異なる。

メルセデス、ボルボの高速バスがほとんどで、高速を
乗用車よりも早く走って行く。
この高速バスは、15分ー30分おきに出ていて
便利なのだが、夜の7時半過ぎると無くなり
仕事で遅くなり、夕飯を食べていたりすると
使えない。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">