中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の乞食

FrontPage

中国の乞食

中国には乞食が多い。

政府の見解では、共産主義社会では乞食はいないし、中国社会でも
乞食は存在しないと言っているにも拘わらず。

確かに乞食と言う職業分類は無いので存在しないかもしれないが
現実に、金を乞う人々は沢山いて乞食ではない乞食(身なりは普通の
恰好で、金を乞われるまでは乞食と分からない)まで
大都会ですれ違う人が乞食だった事もある。

長安の街では、乞食の縄張りが決まっていて、もらいの多い場所は
食堂街とバスのターミナルでしょうが、この様なところはどこも
決まった乞食が毎日出勤してきて乞食をしています。

多くの乞食の出身地が河南省の出身だそうで中国でも
貧しい地方だそうです。

彼等は春節前まで稼いで故郷の孫達にお土産を持っ
て帰郷するのが常です。

今年は、11月が終わろうとしているのにまだ27−8度で
昼間は、上着を着ていると汗が出る温度です。

流石に朝晩は涼しくなり上着が必要になりますが
日中のことを考えると上着が邪魔になるので、面倒な季節です。

乞食も今年は春節まで楽に商売に励んで、故郷の孫達に
お土産を沢山買う事ができるのではないでしょうか。

尤も、最近は景気がいまいちで通行人の懐も余り暖かくないので
収入は、大幅増とはいかないでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">