中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の現実

FrontPage

中国の現実

世界のニュースを見ると、中国はやがて世界一の経済大国に
なると言われている。

確かにこれは近い将来そうなるでしょう。

でもそこに住む庶民の生活が、現在の日本と同じ様な
生活になると言う事ではありません。

沿海部、都市部は既に日本と同じ生活水準に近いですが
内陸部では、日本の明治に近い生活です。

内陸部が沿海部と同じになるには、地球の資源が足りないので
同じ水準になる前に、失速するでしょう。

景気を牽引していた不動産も値下がりしだしましたので
景気対策がそろそろ必要ですが、対策を打つと、不動産だけに
金が流れ、又バブルになります。

世界不況の為仕方がないのですが、政府としては困難な
状態が続くでしょう。

だれも、投資は安全確実な投資をしたいですから、現在の
産業界に投資するより、不動産に投資するほうが
安全だとかんじています。

問題は現在の不動産の価格だけで、最低でも年収の10倍
から20倍では、実際に住宅が必要な人達には買えません。

投資目的の住宅購入から自分が住む住宅取得に変わった時
住宅の需要は、増えだす事でしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">