中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の建造物用鉄筋

FrontPage

中国の建造物用鉄筋

中国でも、ビルや橋は鉄筋を組んでそこにコンクリートを
流し込む鉄筋構造が用いられています。

その鉄筋が中国では、減量鉄筋でした。

体重の減量なら、素晴らしいのですが構造用鉄筋の減量は
強度に影響するので重大ですし、人命にも影響します。

鉄筋の直径を10ミリから9ミリに細くすると10%の減量ですが
面積では19%の減量になりそれに使用長さが加わるので
大きな材料費の節約になります。

近年の橋が直ぐ落ちる事故が多発しているのは、賄賂の為
鉄筋を引き延ばして、長さだけを合わせて使いコストを
抑える事にあったようです。

四川の学校も容易に崩れたのは、そんな所にあるのでしょう。

人は死んでも13億人だからそれほど問題にならず、ひたすら
儲けにまい進している中国人が多い訳でこれは、食の安全
ほったらかしにしておいた政府と同じ発想です。

これでは、愛国心と言われても全く反応しないのが当たり前ですね。

中国では、コストダウンとは使用材料の品質を落とすか
使用材を減らすのがコストダウンの認識で、同じ品質で
値段だけ下げるのは、商売ではないという発想が根本に
有るので、コストダウンには気をつけなければなりません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">