中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の建造物

FrontPage

中国の建造物

中国の建造物、ビルや橋、道路と言った建造物は政府の宣伝に使われる。

その為に、完了の日時が決められてその日にはどうしても
使用開始しなければならない。

ところが、実際に工事する人々にはそんな事は関係ないので
どうしても完成出来ずに使用を始めてしまう。

建物の場合はまだ良いが、橋の完成前の開通は危険でさえある。

それでも、中国では平気で開通するのは、メンツの
問題なのでしょうか

おまけに、中国はリベート社会ですので、必ず仕事を受注する
為には、発注者の誰かにリベートを払わなければならず、
その分を浮かせる為におから工事(手抜き工事)をしなければ
採算にあいません。

中国の採算とは、原価の3倍で売るのが正価で、これにリベートを
乗せられればおから工事は無いのですが、競争相手がいる為に
そうは出来ず、その分手抜き工事になるわけです。

これは、公共工事、民間工事とも同じなので、中国の建造物
常に、手抜き工事が当たり前の工事形態になっています。

手抜き工事無しの工事は、自分が全て監督して実践する工事だけが
正規の工事となるようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">