中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の景気悪化が日系企業に影響

FrontPage

中国の景気悪化が日系企業に影響

中国では、景気の停滞が続いているが、この為日系企業にも
影響が出ている。

建設関係、工場設備等が落ち込んでいる。

一般消費財などはまだそれ程酷い落ち込みではないが、
住宅関係の消費がやはり落ち込んできている。

これから中国経済はどこまで落ち込むかが問題になる様です。

現在の所、政府の住宅関連のテコ入れは全く無く
公共事業のテコ入れもリーマンショックの時の4分の1
程きりなく、このままでは地方自治体の破産が出る
状況です。

そんな状態の所に、日本製品不買運動と日本排斥が
起こったので、益々景気が落ち込んでしまうでしょう。

最近(2012,10,27)になり日本の建設用機械の
社員が日本に引き上げたというニュースを見ましたが
これで、中国のバブルも破裂でしょうか?

中国が不景気になってから会社の撤退をしようとすると
撤退を許可しなくなる恐れが有り、難癖をつけて
社員は中国内に留め置かれることになるので、
先の建機メーカーは賢明な判断を丁度いい時に
したのではないかと感じられます。

労使交渉でもめたりすると間違いなく責任者は
中国外に出る事を止められて撤退が出来ない状態に
陥りそうです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">