中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の飢餓人口20年で36%減少

FrontPage

中国の飢餓人口20年で36%減少

中国は過去20年食糧増産に勤め、国内飢餓人口を1億人
減少させた。

また農村の所得増加を年8%づつ増やして来て現在は、都会と
農村の収入格差は縮まる傾向にある。
と、国連農業機関が発表した。

これが事実なら、娘や息子を売らなくても済む筈ですが現実は
4人の子供を売った母親がいました。

ジニ係数もますます大きくなり、とても農村が豊かになっている
実感は無い様な世相です。

中国の全てのデータは、常に作文され実態とは
懸け離れているのは、工場のデータでさえ作文されて
いる事で分かります。

中国では正直は、褒められる事でも敬意を表される事でも無く
馬鹿にされる対象で切りありません。

法律でも、それに従うのは対策が見つからない間だけで
見つかれば直ぐに対策を講じて法律を無視します。

そんな習慣が根付いた国で、データの発表などは
誰ひとり信用していないのが現状です。

その為、中国では次から次えと法律を作る必要が出てきますが
それは、不可能な事で担当者の裁量に任せるとなって
仕舞うようです。

その為か、地方によって法律も異なる運用が出て来ますし
異なる解釈も出て来て、国としての統一性は無くなるのが
実態です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">