中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の環境美化運動

FrontPage

中国の環境美化運動

中国の北京、湖南省長沙等で市職員達がホームレスの防寒具を
市のイメージに悪影響を及ぼすと取り上げていた。

ホームレスの防寒具は、市内のボランティアがホームレスに
与えたもので、ホームレスを収用出来なければ、せめて少しは
楽に暮らせるようにと寄付したものであった。

中国では、街の美化と言っても道はしみだらけの、日本の街路から
みたら汚いを通り過ぎて、スラム街ではないかと思えるくらいです。

その様な汚い街で、イメージに与える影響は皆無でしょう。

それに、政府の運営する収容所に入れば郷里に強制送還されるので
郷里に身内のいなくなった人には、郷里より大都会のほうが
まだ生活できる環境なので、都会にいる事を望む訳です。

この辺が中国政府の大雑把な所で、判を押した様に郷里に
自動的に強制送還してしまうわけですね。

それにしても、北京に省都に出てくる人々は、始めは地方の
理不尽な政府のやり口にたまらず訴えに来ているうちに
中央政府や州政府の煮え切らない態度に、やがて諦めの心境になり
そのまま、郷里にも帰れず住み着いてしまう人が多いそうです。

当然、職も仕事も無くやがて浮浪者になってゆくようです。

小さな町の浮浪者は、殆どがプロで河南省の老人が多いですが
大都会では、プロの浮浪者よりは元は正義感の有る立派な人が
浮浪者になっているようです。

どちらにしても、政府の建前、中国には浮浪者は1人もいない は
全くもって嘘の発表で、当然国民は信用していません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">