中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の環境汚染

FrontPage

中国の環境汚染

中国では、都市近郊や農村地帯が都市ごみの処分地となり
生活環境が悪化している。

湖南省常徳市郊外の漢寿県では、都会からのごみを野積み
にして、周囲の環境を破壊しそこから排出される汚水で
飲料水にも影響が出ている。

現在、農村部では住民の50数パーセントン人が飲料水に
適さない水を使用せざるを得ない環境に置かれている。

当然そこで生産される野菜も、同じ様に食用に適さない
筈ですが、それでも現在進行形で続いています。

中国の都市化は急速過ぎて、焼却設備なども間に合わず
都会から田舎に都市ごみを捨てる以外に方法が無いのが
現実ですが、地方に捨てたごみは土盛りもされず
汚水対策も全くなされず、急激に人間の住めない地域を
拡大しています。

都市部は、都市部でごみの埋め立てをしているのですが
その埋立地も無くなってきました。

焼却は、設備が旧式でオキシダント等の有害物質を
出すので大気汚染が酷く、どうにもならない所まで
来ています。

そろそろ、経済発展のスピードを下げなければ人間の住む
環境が無くなりますね。

そうはいっても、経済成長率を下げると(8%以下)失業が
増えて、物価は上がり続け暴動が国中で起きて共産党独裁が
崩れる心配が有り、それの前に日本排斥がまた始まるので
あまり嬉しくありません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">