中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の粥

FrontPage

中国の粥

中国の店によっては、粥が時々重湯に近くなる事がある。

朝7時から開店して、8時半位になると客が多い時には
売切れ寸前で、具が殆どなくそれでも平気で出してくる。

明らかに重湯に近い粥と普通の粥では違うが、それを注意する
人間はいない。

これが、中国の現実です。

品質が異なっても平気で出す事に何の躊躇いも無く、仕事する
のが中国式なのでしょう。

それだけ、サービス精神は貧困です。

そんな中で、日本では普通のサービスを受けると、とても
感激するから、どうもサービスとは相対的な物の様です。

中国で、日本のサービスが展開されたらおそらく中国で
一番サービスの良い店になるでしょう。

国中から見学が来るのではないでしょうか?

流石に中国でも少しづつサービスは向上していますが
日本のサービスの足元に行くのに未だ数十年は必要な
感じです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">