中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の割り箸

FrontPage

中国の割りばし

先に、割ばしの再生使用の報告をしましたが、新しい割ばしでも
問題が発生しました。

上海のレストランで食事をした客が、熱湯で割りばしを洗った所
湯が濁った為に、割りばし工場を調査した所、高濃度の過酸化水素水を
使用して洗浄し、その後に白蝋を塗っていた。

過酸化水素水は、木や竹を真っ白にするので見た目は清潔そうに見えますが
腐食性が強く食物や、食品関係では使用禁止になっています。
おまけに、中国の洗浄剤には重金属が入っているそうです。

白蝋は、体に蓄積され人体に害を及ぼします。

この様な割りばしが年間8000億膳生産され、世界中に
出荷されています。

日本の割りばしもこの中には有りそうで、日本の食も安全ではなくなって
いるようです。

箸の常時持参が、日本においても必要な様ですね。

毎日、この様な箸を使用していると癌に罹る率が飛躍的に上がり原因が
この箸に有る事を判断するのは皆無となるでしょう。

そんな恐ろしさをこの割り箸は持っている訳です。

食を取り巻く状態は、中国では全てが毒と言ってもいい位毀損していて
何を食べたら安全化ではなく、何が一番毒が少ないかになっています。

毒でも毒性の低い毒物を楽しく食べて、人間の体で打ち消す以外に生きる方法は
ありません。

その上、水と空気の汚染ですから確実に中国人は健康を蝕まれています。

脳が共産党によって蝕まれているだけではなく体も共産党によって蝕まれてやがて滅ぶ運命のようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">