中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の外貨残高減少

FrontPage

中国の外貨残高減少

中国の外貨残高が730億元減少した。

大方のエコノミストは、2012年11月は外貨残高が大きく増えると
予想していたので、驚きの様です。
11月の外貨残高が減ったのは、外貨が国外に
流出したのですが、実際ですが
外国資本が外貨を中国から引き揚げているのも有るようです。

個人資産も19億元減っているそうで、そちらは
大方は共産党幹部が海外預金したのと、富裕層が資産保全の
為に資産を海外に逃避させたせいでしょう。

その分アセアン等では、住宅バブルがまだ続いていますが
そこに、公務員の資産公開で更に国内に賄賂の金を
置いておいては危険とばかり国内の不動産を投げ売りして
海外の不動産を取得する動きがさらに活発になるのでしょう。

いよいよ中国共産党も終わりなのでしょうか?

同時に中国の発展も終わりをむかえるのでしょうか?

共産党の幹部は主席が変わっても以前の主席の取り巻きが
生き残り、次から次えと賄賂取得グループが増えるだけで
庶民の生活は悪くなるばかりです。

それでも変わらないのは人民解放軍と言う人民の敵と、
武装警察と言う人民を押さえつける組織の賜物でしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">