中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の会社内で

FrontPage

中国の会社内で

華南の労働力1
とみに近年は、広東省では、人材不足が顕在化しており、
給料の高い会社、新規の会社に人が移っている。

新規の会社が、好まれるのは、チャンスが与えられるからで、
既存の会社もこの辺にきずくと、
人材難の一部は解消されるのではないか。

又農産物の価格が上昇して農家の収入が増え、
出稼ぎに出る人の数も微増になってきている。

中国では、農民は出稼ぎで、不利な条件を強要されることが多い。

殆んどのワーカーは、地方の農民(ここで農民とはIDに
何処そこ地方の農民と書かれている)で都市では、
税金を源泉徴収される。

都市の住民は、1部税金が免除されている。

こんな訳で出来れば故郷で農家をやりたいのが、一般ではないか。

2004年は中国の食物輸入が、輸出を上回ったのでこの流れは、
当分続くのでは、ないか?

中国の工場生産品1

中国人の発想は、安い物は、品質が劣ると言う発想である。

もし発注部品を10%値引くと品質は、10%劣化する。
これが中国人の常識である。
10%値引きして、品質はそのままは、絶対にない。

反対に10%値上げすると、品質は、そのままである。
決して品質を、10%向上させる事はない。

日本式の値引き交渉では、今回は、採算ぎりぎりでも、
次回以降に儲けが有れば良いと言う考えは無く、
毎回50−100%の儲けが無ければ、受注しない。

これに、誰かの紹介が有るとさらに、紹介料が上乗せされる。
この、紹介が、社員であっても、手数料は支払われる。

よく言われることは、「外国系の会社の購買担当になると、
一生遊んで食べていかれる財産が出来る
特に、新規工場は、殆どこのことわざが当てはまる。

中国と日本の仕事の仕方

中国では、利己主義が発達してチームプレーは出来ない。

以前の日本では、チームプレーが上手くいっていたので、日本が

奇跡の復興を達成する事が出来ました。

これは、チームプレーに依って3倍4倍の効果が出たから
ではないでしょうか。

中国ではこの効果は、殆ど期待出来ないので、
日本の奇跡は起こらないでしょう

日本のマスコミで心配している、日本が
中国に抜かれる事はこの点では無い筈です。

但し、消費材の総量では人口の多さに圧倒されますね。

近年世界の国々が、中国を重視しているのは、
人口の多さ故ですので、この点日本は、御先真っ暗ですね。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">