中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の会社3

FrontPage

中国の会社3

中国の仕事事情12

中国では、御客様は大切にされます。

これは、金をくれる人だからです。

会社の組織の長は、殆ど無視されます、ただし
人事権が無ければ、会社内では最高経営者の命令には従います
、彼等は人事権が有りますからそれ以外は、殆ど従いません。

中国人のこうゆう気質を理解して、仕事を進めるのが中国では

効率的な、方法のようです。

よく、食事を奢るとうまくいくように錯覚している人が
多いようですがその効果は1,2日位でしょう。

中国人は、御客さんには、いい顔をします。
どうせ直ぐ帰るのですからずーっといる人には、
本音が出ます。

中国へ出張で来る人はこのからくりが判らず、
理解した積もりで帰りますので問題が起こります。

中国の仕事事情12

中国で、サラリーマンをやるのは 自分の時間を取るのが
大変だ。

バブルが弾けてけら、日本の会社は、
タダ働きを社員に強要してきたようだ。

中国の日系会社は、殆どがタダ働きを強要している。

日本と言う国の体質が滅私奉公で、成功してきたので
中国の会社までこの悪い習慣を真似るようになった。

日本が輸出するのは、アニメ と 工業製品(電子系)
だけかと思ったら

悪しき習慣まで輸出しているようだ。

最も何処の国の経営者でも、日本の悪しき習慣は
好都合此の上ないので直ぐにマネする事なるのかもしれない。

中国の老板1

中国では、社長、経営者を らおぱん(老板)と言います。

この人達は、面白い人が多いのです。

日本と同じ様に、雇われらおぱんは金に細かく、
いつも見返りを探すこせこせした人間が
多いと思われますが、ある程度稼ぐと

自前の らおぱん と同じ様になる点が
日本人らおぱんとは、大きく違う所です。

自分で会社を経営する らおぱん はのんびり、
ゆったり 生活していますが、仕事が有り余る状態では、
総額の高い仕事を優先して納期等は、
無視するので注意が必要です。

但し、前にも述べましたが身内になった場合は例外ですが。

中国の仕事

中国人は、会社で仕事をする と言う事は
どうゆうものか知らない。

会社で仕事をするには、実際の仕事と終わった後に
記録を残す仕事が対になり、始めて仕事が終わる。

日本の中小企業でも、技術の無い企業は同じ状態でしょう。

中国では、国民が理解していないので、日系企業は先ずここを

教育しなければならないのに、殆どの会社がやっていない。

これでは、規模だけが大きくなっても、
中身はずさんな会社になり
改善対策を取ってもうまく行かない。

中国では、改善ではなく改革にならざるをえない事も
しばしば有りそれに、携わる人々を苦労させる。

中国と日本は、根本が違う事を理解し、適切な対処をしないと

徒労に終わる事が、多多見受けられるのは原因が
ここに有るのではないでしょうか?

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">