中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の会社

FrontPage

中国の会社

中国では、一般にチームワークでの仕事は
しない。
個人の能力で、自分自身で仕事をこなすのが
一般的で、当然評価も個人に直接下される
のが当たり前と考える。

日本の様に、課毎の評価など全く考えても
いないので、個人評価をされないと
不満が残る。

中国の会社事情

中国では、個人の生活が最優先。
会社は、2番目。

だから、皆良く休む。友達が来たので、恋人が来たので、友達が
故郷に帰るので等々。フィリピンでも、同じような事が有り、

これのほうが人間的?日本人は、見習わないといけないか?

中国の会社事情

中国は、日本の会社とは、大分様子が違う。

まず、経理課の人数の多いことバブル時の日本企業は、
財テクの為、経理の人数が多かった企業も
有ったがそれ以上である。

それだけ多くの人数が有りながら、書類、金銭を申請するのもうけ
とるのも経理課に各自が行かなければならない。

用意が出来たら連絡位くれたら、無駄足を踏むことは無いのに。
社員は、2,3度は、経理に足を運ぶことになる。

自分が楽ならそれで良い。
これが、中国人の根底である。
近頃の日本はどうですか

中国の会社事情

中国人が経営する会社は、世界中何処でも同じ形態を取るようだ。

それは、経営者が会社内の全ての作業の決定をすることである。
言い換えれば、鉛筆1本購入でも、経営者のサインが必要になる。
この様な形態では、日本の会社の方が遥かに効率的で、恐れる事は
無さそうだ

社員を信用していない、と言ってしまえばそれまでだが、その為か
会社内で、身内を重要ポストに就けている。

又社員の方も、同じ省内の人間で、固まりたがる。

これを見過ごすと、1人の不満が、1つの部門をストップさせ、
工場の生産に支障が、出る。

1工程内を、必ず複数の省の人間で構成すれば、この心配は、
殆ど無くなる。

中国の会社事情

中国圏でよく言われる言葉に
上に施策あれば下に抜け道有り
と言われる。

会社、政府が規則を決めると、必ず抜け道が考え出され
実行される。

規則どうり実行されることは、皆無ではないか?

確かに政府の規則には、不備な事も多いが実効されなければ
実害は、無いのかもしれない。

会社では、規則が実行されないと、数少ない正直者が損をするようである。

その為罰金制度が普及しているが、運用が上手くないのでかえって
逆効果になっている。

今の世の中、何処行っても同じ状態で、インドネシア地震は、神の
注意でないと良いのだが。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">