中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の汚染水考察

FrontPage

中国の汚染水考察

飲料水が表した貧富格差は、現在の中国を表している。

中国では、カナダとオーストラリアから浄水を輸入しようとしている
が、オーストラリアは国民の反対に会っている。

輸入される浄水は、当然高価で庶民の日常の飲料水や家庭用雑水と
しては、使いきれない。

国産の浄水は、50%が偽物で飲料水として使用できる保証は
全く無く、水道水の水質はドイツで汚水扱いされている水質も
飲料水として使用しないと、使用できる水が無くなる位量、質共に
欠乏している。

これでは、既に人間の住む場所ではなくなっています。

最近日本の水源地の森林を中国人が買い漁っているというニュースを
見ますが、これは手堅い商売に中国ではなるのでしょう。

中国では、水の絶対量が不足していて増して飲料水は危険な水質でも
飲まざるを得ない状態です。

日本の水は、安全で水質も高く例え放射能に汚染されていても
中国の水よりは余程安全です。

この辺が分かる中国人では、日本人が理解できない飲料水の希少価値を
十分理解し、投資する人間は増えこそすれ減る事は無い筈です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">