中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の汚染

FrontPage

中国の汚染

中国では、地下水の汚染が進んでいる。

中国の都市118都市で地下水を調査した結果97%の都市で
地下水の汚染が進んでいる。

中国の都市では、地下水を水道水にしている都市が1/3で
その重要性にも拘らず地下水が工場から排出される汚水で
汚染されているので、早急な対策を取らないと、都市の水道の
供給源が無くなる恐れが有る。

特に北部では、水量が減っているので対策無しには都市が生活できる
環境を失う恐れが有る。

その後
2013、6月4日に環境保護庁が発表した報告では
全国の主要河川の3割が重度汚染、湖(ダム湖を含む)60のうち
25%が富栄養(屎尿等に依る汚染)で地下水は198都市4929か所
で水質測定した結果57.3%が極めて悪い汚染となっている。

又大気汚染は大都市を中心に325の都市を検査した結果基準内4割で
その他6割は大気汚染が酷い事になります。

又地域と季節による変化も当然起こり、更に発表以上の汚染が
進んでいるようです。

これでは、人間の住める環境ではなくなっているのも事実で
政府も環境汚染は依然厳しい状態にあると発表しているのをみても
分かります。

中国は、世界1になる前に公害世界1に既になっています。

それも広大な国土が全て汚染される結果になった様です。

中国産農作物は、控えましょうが世界の合言葉になるのでしょうか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">