中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の衣服1

FrontPage

中国の衣服1

中国の衣服と料理の関係

別に、特の目的が有る表題では有りません。

中国では、肉を良く食べるので、当然動物の皮は毛皮として

衣服に回り、革の衣服が安い筈なのに、革の製品は非常に少ない

現実が何故だろうと考えた所から発しています。

タイなどに比べ遥かに、革製品が高く量も少なく町の中で

売られている、真皮(革製)の殆どが合成革の製品でサンプルの

タッグだけが本物の革です。

中国では本物の革とは、人口革の事を言うようです。(実際はみな嘘)

どうして、革が出回らないかと言うと、全部食料とし食べてしまうからです。

時々鍋料理の具に、なまこの様な食感と外観をしたものが出てきます、

初めは なま こと思っていましたが なまこ状の食べ物は

牛の皮を水につけ、ふやかしたしろものでした。

この、食材は鍋料理には良く出るので、消費量も相当のものでしょう

こうして、皮を食べてしまうので、靴や鞄にする革が足りなく

人口革でごまかしているようです。

気おつけよう、中国の革製品。

中国の衣服1

中国の衣服は、素材にもデザインにも工夫が無い。

タイ、マレーシア等、暑い地域は、涼しい素材を使った製品が

出回り、タイでは凝ったデザインの衣服も売られているが

中国では、毎年同じ形の、同じ素材を使った、製品しか
見る事が出来ない。

これは、購買人口が多く、作れば売れる環境にあるからだろう。

又、素材も安い物はポリエステル混の、何とも暑苦しい衣服が

毎年出回り、純綿の素材を探すのが大変だ。

1年の大半は、暑い華南でポリエステル混のシャツやパンツは

どう見て、見苦しいが人々は、平気で着ている。

食べ物は、かなり贅沢になってきたが、着る物まで手が回らない

せいか、又は、単に知らないだけなのだろうか?

中国の衣服1

中国のベビー服は、前が開くのでは無く、御尻の所が

開く。

赤ちゃんが、小便、大便をする時には、親は所かまわず

させている。

バスや電車の中でも、平気でさせて後は何もしない。

この為にも、御尻の開いた服は便利なのでしょう。

最近の、若い両親でも子供には、この服を着せています。

中国の赤ちゃんは、何時でも大小便が出来て、おむつ

は必要無く、お母さんは楽が出来誠に良い服ですが

周りの人達には、迷惑な事ではあります。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">