中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の暗く大きな闇

FrontPage

中国の暗く大きな闇

中国の衣料品は激安で海外で売られているが、どの様に作られているのだろうか?

この闇を照らす事件がイギリスで度々起こっている。

中国各地の労働教養所では、1日16時間も衣類の縫製作業が強行され中の
被疑者(決して犯罪者ではない)達が奴隷労働について衣料品にSOSの声を託して
イギリスで見つかっている。

日本ではまだ見つかっていないようだが、中国製の極安衣料品を買い求めた場合は
良く中を調べてSOSのメモがないか確認して頂ければ良いと感じています。

この労働教養所は、思想犯を改宗させたり無実の罪で政府に都合の悪い人々を
収用する刑務所の様な所で、此処では拷問、暴行は当たり前で入所すると
内臓が登録され臓器提供者にされてしまいます。

収容者の多くが法輪功の実践者で、江沢民時代から始まり去年(2013)まで
実在していましたが、今年になり解体されるようですが、そこに収容されている人々が解放されたという話はありません。

そして未だに中国での臓器移植は行われています。

散々こき使われそして殺される実態が無くなる時は来るのでしょうか?

中国の属領になると言う事は、国民がこの様な運命になると言う事です。

それでもあなたは、この様な運命を受け入れますか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">