中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国のビルは大問題

FrontPage

中国のビルは大問題

中国では、今後3年以内に150mを超えるビルが200棟
立てられるが、それらの建物は耐久性に問題アリ。

中国のビルはコストの安いことから外壁をガラス製にするビルが
多く、ガラスは強化ガラスを使うのですが、この強化ガラスが
経年変化で、急に爆発したり(日本でも有りました)して
問題を起こしています。

困るのは、中国の場合はこの強化ガラスすら偽物があり、
焼き入れしていない、生ガラスを使用している所もあり
そうなると、空からガラスが降る事になり通行人には恐怖以外の
何物でもないです。

ビルの外壁に使用するガラスは、強化ガラスで無く合わせガラスに
すれば、より安全ですが、そうなるとコストが上がりガラスを
使うメリットが無くなり、使用されていないのが現状です。

中国では、足元、周り、後ろそして空にも注意を払って生活する
事が必要で、気が抜けません。

素材、工事共に手抜きが多く、まともに建てても危ないのに
更に建物の品質を悪くしているので、5年経つと日本の20年以上の
経年変化の様な外観で、とても資産価値等は有りません。

人々も、中古住宅より新規住宅を求める理由が良く理解できます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">