中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国のビル2

FrontPage

中国のビル2

中国の建築法では、建物の防水は5年の保証期間でこれ以降は
保証しなくて済む為、安価な国内産の材料をを使用した
手抜き工事が普通に行われている。

その為に問題が有る建物は全体の8割に及ぶ。

特に地下室は殆どが、防水工事の手抜きで、漏水が起こり
建物の寿命を著しく短くしている。

現在国中で、地下鉄を建設しているがここでも漏水問題は
必ず出ています。

中国は水不足ですが、防水工事はさらに遅れているのと
手抜き工事でまるで水の国の様です。

その為に中国の建物は、寿命が短く新築後3年たつと日本の10年後位になり
20−30年で建物が崩壊するのが普通です。

1900年代は建築ブームでこの頃建てられた建物がそろそろ寿命が近づいて
来ているので、中国では建物の近くを歩く時には、なるべく離れた所を
通るようにしたほうが安全です。

国が崩壊の危機、建物が崩壊の危機、経済も崩壊で
これからの中国はどうなるのでしょうか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">