中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国のバブル崩壊

FrontPage

中国のバブル崩壊

現在(2011,11,10)中国の大都市、中小都市は
住宅の値段が大きく下がっている。

新規に売り出される物件は、4割5割引で売りだされそれでも
売れ行きは良くない。

投資目的で買われていた住宅が、投資資金の欠乏と税改正、銀行融資の
変化に依って、急速に萎んでいるようだ。

お陰で、食べ物以外の物価はだいぶ落ち着いてきたが、食べ物だけは
未だに値上がりしていて生活は苦しくなるばかりです。

来年は更に景気が悪くなるので、給料は上がらず物価だけが上がるので
暴動も頻発するのでは?

そんな暗い感じが感じられる今日この頃です。

バブル崩壊の波は2011年12月には更に、中小都市にまで
及んできています。

中国のほとんどの都市で住宅価格が前月比で下がっていて
上昇している都市は無くなったようです。

これでは、住宅に投資する人はいなくなり、売れ残る住宅が
幽霊タウンを形成して、更に売れ行きを悪くします。

住宅開発会社は、資金繰りが苦しくなりさらに値下げしなければ
ならなくなり、住宅バブルは崩壊せざるをえないでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">