中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国のタクシー

FrontPage

中国の交通機関

タクシー

中国のタクシー

中国のタクシーは、2種類有る。

一つは、一般に町の中を流しているタクシーでこれは

タクシー会社が、経営している。

郊外では、めったに見かけることは無い。

郊外では、いわゆる白タクが一般的である。

但しこの白タクは、他のアジアのように危険なものではない。

その土地の人間がドライバー兼経営者で、直ぐに顔見知りになる。

問題は、事故に会った時の保障ではないだろうか。

中国のタクシー

中国では、タクシーに長距離乗る時は、値段交渉が必要になる。

近い所は、メーターで問題無いが長距離では、メーターで乗ると

大幅に値段が変わる、メーターで乗ると混んだ道を迂回したり

して、2-3倍になる事もあった。

大体、朝早くか、夜遅く(これはあぶないので要注意)なら

メーターで、昼間は交渉で目的地までのタクシー代を

決めるのが賢明です。

一度代金が決まれば、どんなに遠周りされても、値段は変わりません。

中国の交通機関(タクシー)

中国でまあ 安全なのがタクシーでしょう。

一般のタクシーでも、名刺をくれるタクシーは

2度、3度使用するとより安全な足になります。

私が使用しているタクシーは、兄弟で契約してタクシー

会社から、車を借り月7000元払い運営する個人タクシー

みたいな存在です。

彼らの収入は、500元/日とかで、主に長距離を

走る私の様な人間20−30人を顧客にし、その他

空いた時間を近距離で流しているようです。

料金は、片道料金ですので比較的容易に頼む事が出来

安心して移動出来る点でも大変重宝な存在です。

中国のタクシー

中国のタクシーは値段交渉しないとならない。

特に距離の有る町へ行く場合は、メーターで行くと遠回りされたり

混む場所を迂回したりで高くつく。

大体、メーターの価格より5−10元安いのが当たり前で

香港人、中国人などは更に安く値切る。

日本人が値切る時に気を付けなければならないのは、高速代を含んだ値段を

確認する事で、安くしたので一般道を行かれたのではかえって高くなった

事になる。

値段を下げれば、品質を下げる国ならでは当たり前なのでしょうか。

中国のタクシー

中国のタクシーは、服装によって値段が違う。

スーツ姿でタクシーを拾うと、確実に高くなる。

中国人と同じ様な、ジャンバー姿の時には、外国人の

値段だが、それでも値段を知らないと、ぼられる事になる。

中国では、定価制が無い為、人により、地域により値段が異なるので

必ず、使用前には値段の交渉を済ませておかないと、後で問題が起こる。

カスタム検索

中国 タクシー
白タク 値段交渉
契約 借り取るタクシー

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">