中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国のゴミ問題2

FrontPage

中国のゴミ問題2

中国では都市の3分の1がごみに囲まれている。

そしてどこも、ごみを置く場所が無くなりごみ問題は深刻になっている。

ごみは毎年8%づつ増えており生ごみのままの投棄、埋め立てでは
土地が不足して焼却して灰を投棄する方法に変えているが設備が
追い付いていない。

この焼却設備も排気汚染防止装置等は無く、設備周辺の人々の
健康を害するので住民の反対に会ったりでスムーズに施工されるのが
難しい現状です。

それに焼却後の灰にはダイオキシン等が付着していますが灰は
固形処理がなされず、風で周囲に飛散する状態でしょう。

その為に、周辺の住民にはがん患者が増加し住民の焼却場建設反対運動が
起こっているのは、中国全体の現象です。

おまけに、地方の村ではごみは全く顧みられていない為、そこらや
川等に投棄されていて毎年28000トンが中国全土に
投棄されているので、やがて中国はごみの中にある国になりそうです。

GDP世界2位の国が、スラム街で構成されているのは世界で
始めての国になるでしょう。

ここでも中国は世界一を実現しそうです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">