中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国のエネルギー事情

FrontPage

中国のエネルギー事情

最近(2010、10)は、中国で軽油が不足して、トラック等の陸上輸送に支障が出ています。

中国では、国営企業がガソリンや軽油を販売していて
その他は、もぐりの販売業者がいるだけです。

その為か、ガソリンや軽油の値段を吊り上げる時に、
よく不足状態を起こして、値上げに踏み切る様です。

不足状態の時には、スタンドは長蛇の列になり、仕事が
思う様に出来ない状態になりますが、値上げ後は
不足が嘘の様になくなり、売り惜しみをやっている事が
明白です。

昔(2002年頃)もぐりの様な軽油所に毎週2万リットルの
軽油を買いに行きましたが、汚い事務所に100元札が
うず高く積まれていて驚きました。

こうゆう販売者は、常に現金で軽油を売る訳で、月末払いは
全く無く、領収書も出しません。

現金で買って、タンクローリーに詰めて会社まで運んで
もらえる訳で、その頃の配達料は200元でした。

値段は1リットルにつき1元は安いので、手間は掛かっても
経費節減には欠かせませんでした。

現在(2011,1)これらの業者は、船に軽油を置いておいて
地上からポンプで吸い上げて販売しますが、現在は
殆ど見る事は無くなりました。

政府の取締りが功を奏した様です。

中国では、弱みは罪悪で強い者だけが、栄える世界なのでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">