中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国のインターネットビジネス

FrontPage

中国のインターネットビジネス

中国は広い国土と、交通の便の不備の為都心部に住む
人達以外には、御買い得情報は余り活用されていない。

大都市の周辺でも、工場地帯に住む多くの人達にとって
有用な御買い得情報は、近くのスーパーのちらしだけでしょう。

特に若い女性の衣服等は、品揃えも少なくどうしても
都心のデパートに行きたくなる様です。

所が御買い得情報は手に入らず定価で高い物を買わざるを
得ません。

これが、内陸部になるともっと顕著でしょう。

今まで、インターネットでの物販が余り無かったのは
インターネットが普及してなかった事が原因ですが
現在では、1億以上のインターネット人口が有り
その殆どが若い人達で占められている為、安心して
買える物販店がインターネット内に出来れば、飛び付いて
来る事は確実でした。

現在、インターネットを通じて衣服等を購入した人達は
皆、価格と製品に満足している様です。
それにも増した、家や会社に居ながら買い物が出来る事に
大変満足しています。

普通、買い物をするには、先ず
朝家を出てバスに乗り1−2時間かけて、繁華街まで行き
そこで、店と品物を選び試着して始めて購入する訳で
サイズが合わない為に、又違う店に行く等、大変時間が
掛かり、昼飯を食べて午後も、あちこち歩いて
やっと、購入して
家に戻ると1日は終わっています。

これをやらなくて済み、おまけにバーゲン価格ですから
1人が試しに注文して、製品が着くと、
回りの人達も利用する事になります。

ちなみに、女性用冬物ジャケット2着で120元(1800円)
セーター2着で68元(1020円)
と、デパートのバーゲンセールより安く、手間と値段の
両方で満足するようです。

近い将来、中国は庶民がインターネットで買い物を
する時代が到来する事は確実な様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">