中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国のインターネット6

FrontPage

中国インターネット6

中国では、インターネットが政府役人の汚職摘発
不法批判をやり、チェックシステムの働きをしている。

これに対し、既存のマスメディアはもっとインターネットを
取り締まるべきだとの論調を出している。

更にネットの取締りが強化されるのでしょうね。

確かに、マスメディアは政府の検閲が有り、自由に
記事を書くことが出来ないので、知っていても黙認
せざるをえません。

それに対し、インターネットは比較的書くことは
自由なようです(但し直ぐに削除されてしまいますが)

それと、広がり方が早く政府の32万のネット監視員でも
十分ではないようです。

特にミニブログは、2−3億人が見ていて直ぐにリツイートして
ネズミ算式に増えてゆくので、削除する速さより増殖する
速さのほうが勝っているようです。

この為、政府もミニブログを無視する事は難しくなっているようです。

それに、現在は公務員、共産党幹部の汚職が酷過ぎて
暴動がいつ起きても不思議ではない状態で、政府も特に
気をつけているようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">