中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国に多い病気3

FrontPage

中国で多い病気3

中国華南は、夏が長くどうしてもクーラーのお世話に
なりがちです。

その為に、腕が上がらなくなり困る人が多くなります。

必要以上にクーラーの温度を下げる為に、体の関節から
冷えが体内に入り、肩の周りの筋肉を冷やし、関節の
動きを悪くして肩甲骨と鎖骨の関節部が可動しなくなり
腕が上がらなくなるわけです。

こうなると、衣服の着脱にも不自由しますので、
生活に支障をきたします。

所謂40肩、50肩と言う症状です。

ハリでは、比較的簡単に治りますが、最近は中国でも
ハリをやる病院が少なく、皆が難渋しているようです。

若い人達はハリをやったことが無く、知らない為に
中国人に聞いても分かりません。

それだけ、時代が変わってしまったのでしょう。

この40,50肩は、体の冷えが直接の原因ではなく
年と共に、筋肉と関節の老化に依って起こりますが
起こる割合は、1日中冷房下で生活する人に
多く出ているのも確かです。

冷房下にいない中国の人達でも、扇風機を使っている人には
出やすいので、夜間の冷えには注意が必要の様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">