中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国に多い病気2

FrontPage

中国に多い病気2

中国の病気

中国では、梅毒が急激に増えているようだ。

2007年に25万人だったのが、毎年5万人づつ増えて
2009年には30万人になったそうです。

18−9年前に華南の何処でも見られたビラは梅毒、淋病に
気を付けましょう。
と言う標語で、性病の撲滅を目指していましたが
(実際に減った)現在は、又増えだした様です。

特に上海が多い様で、これにより、乳幼児の先天性梅毒は
増加して、5年前の2.5倍に増えているようです。

性病というのは、異人種間では劇症にになることも
珍しくないので出張等で上海においでの時には
注意してください。

ここ10年は、中国の経済発展が目覚ましく、豊かには
なりましたが、売春も同じ位蔓延し何度か取締を徹底的に
行って来ましたが、効果は直ぐに薄れて性病が蔓延して
いるのでしょうか。

今でも、長安の並木道を歩くと、女性が寄ってきて
声をかけ売春している姿が時々見かけられます。

ただここで女性を買った部下が以後淋病になり、治療に
2000元かかったと言っていましたので外国人は
手を出さない方が無難です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">