中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国に多い病気

FrontPage

中国に多い病気

中国では、男性で前立腺炎に罹る人が多いそうです。

この病気の原因はクラミジアで保菌者が沢山いると言う事です。

日本人もよく罹る前立腺炎ですが、これは他人から口径、
粘膜等からクラミジアに感染してその細菌よって起る病気です。

経路は、いろいろで、風俗店で罹る場合や、食事で感染する
場合も少数ですがあるようです。

食事での感染では、肝炎が最も危険ですが、習慣から来る
食事スタイルの為、防止は難しい様です。

さて、前立腺炎ですが、
射精管が炎症を起こし、膿が溜まり尿道を圧迫すると
排尿時に痛みや、残尿感が表れます。

症状を取るだけなら、肛門から指を入れて射精管を押し絞ると
濃が出来ますので、これで症状は無くなります。

普通は、これらの症状が無くなると治ったと判断してしまいますが
クラミジアは体内で生きているので、クラミジア保菌者となり
他の人に感染させる訳です。
クラミジアを除くのに病院で診察を受けると、2−3カ月は
薬を飲み続けないとならないと言われます。

風俗に行くかなり多くに日本人が、感染しているので
心に留めておいて頂ければ、その時になって慌てないと
思います。

感染すると、完全に完治するまでに3カ月罹りその間は
全ての行為が伝染の危険に直面させられ、社会生活に
かなり影響が出ます。

大方の人は、近くの病院で1週間程で薬を飲まなくなり
クラミジア菌の保菌者として、他人に伝染させているので
最近では、日本人でも危ない人が出て来ているのが現状です。

クラミジア 病気
病原菌 不妊症
前立腺炎

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">