中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国には偽救急車も

FrontPage

中国には偽救急車も

温州の病院に入院した林さんが杭州に転院する為に
救急車を呼んだ所、来たのが呼吸器が壊れた救急車で
林さんは出発までの時間で呼吸困難に陥り再度温州の
病院の集中治療室に逆戻りした。

この救急車は、機器が壊れていたばかりではなく、搭乗者は
呼吸器の取り扱いも分からない素人が乗っていました。

中国では、救急車の手配は自分でしなければならず、120番に
家族が掛けて呼んだそうです。

中国では、重病者でも安心していられないですね。

中国で偽物の無い物は無い、と言われますが中国人の偽物は
今まで出ていません。

中国人にだけはなりたくないと思うからなのでしょう。

それゆえ、中国人の偽者は御目に掛かれないのかもしれません。

ああ、日本排斥で偽中国国籍がありましたか、そうなると
中国人さえならない偽中国人に日本人はなろうとするのだから
中国人よりもっと劣る事になるのかもしれません。

悲しい事ですね。

最近感じる事は、日本人の劣化が激しく起こっている様で
中国の属国になる前に既に属国化しているのかもしれません。

そんな事にならないよう十分に注意しなければ!!〜

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">