中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国について語る時

FrontPage

中国について語る時

中国について語る時、場所と日付けが前提に無いと、中国を
語る事が出来ない。

中国は、世界最大の車販売高の国となっても、地方に依っては
住民が今まで車を見た事が無い地域も有る。

2009年8月27日の気温では、華南が34度、ハルピンでは
21度と真夏の所と秋の所が存在する。

それ程広い国土で、おまけに方言は全く外国語と同じで
通じない所も有り、習慣も異なる

実際に全中国を知っているのは、中国人でさえ殆どいないのが
現状の筈です。

まして外国人の私にとっては、中国全土を語る事は、出来ません。

せいぜい、大都市に住むチャットが出来る環境にいる中国人と
話す位ですので、社会現象等について華南のみ何とか、庶民感覚が
わかる程度の知識がやっとです。

それですら、国の政策がころころ変わり、経験は殆ど役に立たない
現状に、苦労する事が度々です。

中国4000年の歴史と言われますが、全土を統一された事が
殆ど無かった(現在の様に)事からも、中国を理解するには
骨が折れる事です。

おまけに、法律がころころ変わり、即日施行となると
どうしても、付いていく事は困難です。

本記事でも、期日が問題になると思われる物には、
何処かに期日を記入して、御理解の一助にさせて頂きます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">