中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国にいての健康

FrontPage

中国に居ての健康

中国に居ての健康

中国で健康を害して入院となると大変だ。

先ず、言葉の問題が有る。
思う様に意思の伝達が出来ない所が、落ち込んだ心に
追い打ちをかける。
日本に居ても、入院となると心細くなるのに海外では
なおさら、心細い。

おまけに、中国では入院前には1−2万元用意しなければ
入院させてもらえないし、手術もしてもらえない。

この様な習慣の違いもあり更に心細くなる。

これが、保険に入っていれば、病院は問題無く受け入れて
くれ、手術もしてくれる。

海外では、保険は本当に大切な転ばぬ先の杖です。
皆さん、保険に入っていますか?

掛け捨ての保険が、最も安価で効率が良いので、保険には
入る事が、海外では必要最低限の状態ですね。

中国インフルエンザ予防薬

先日、病院でインフルエンザ予防薬を注射した子供が
その後、死亡した。

理由を聞きに病院を訪れた両親と親族が警察に排除されたが
その時、父親は警察に殴られたと言う目撃談を聞いた。

中国では、訴訟が殆ど無く又、訴訟をするのが高価な為
個人の訴訟が多くない。

それに、医療事故は殆ど勝訴しない様で、告訴するの一般的で
ではない。

日本の様に、告訴する手段が有ると、この様な現場での
訴えが減るのではないだろうか?

又庶民も不満を鬱屈させずに済むではないだろうか?

この告訴制度が確立されていない所に、国民の不満、
が溜まり、どこかで爆発する事になる様に感じます。

何はともあれ、予防注射で死んでは予防にはなりません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">