中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国と周辺国の外交

FrontPage

中国と周辺国の外交

中国は海上、陸上で20カ国と国境を接しているが、この隣国との
関係は全く良くない。

日本、韓国、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、モンゴル、インド
と、とにかく争うこときりしていない。

大中華思想と言ってしまえばそれまででしょうが、
どうしてこうなるのでしょうか?

現代中国人の思想の中には、金持ちの言い分には耳を傾けるという
事があり、確かに近年は裕福になったので、中国の言い分は通ると
感じているのでしょう。

この点が大中華思想のもとで、近隣国を属国扱いする態度に表れ
近隣国に無理難題を押し付けて、関係がこじれているのでは
ないでしょうか。

確かに、中国は近隣国に投資もしていますが、その投資の仕方も
中国に都合の良い投資で、近隣国はこの内情を知っているので
儲かるのは中国ばかりと、あまりありがたく思っていないのでは
ないでしょうか。

中国人はそれでなくてもアジアの経済を牛耳っているので
アジア人は中国人の性質を嫌と言うほど理解しています。

その中国が裕福になり、ふんぞり返って近隣諸国に投資しても
だれも素直に投資歓迎とはいかず、途中で挫折したり、関係が
悪くなる事に至るのでしょう。

中国の産品を押し付けられるのも困った事の様です。

中国の産品、工事等は粗悪、おから工事で危なくて見ていられません。

こんな事も近隣国の不満になっているようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">