中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国で働く日本人の未来

FrontPage

中国で働く日本人の未来

現在、中国における給料の格差は急激に小さくなっている。

日本人と中国人の給与格差は2000年の頃は、10−15倍で
あったのが、2010年には中国人の給与が上がって、
日本人より高くなっている所も出てきた。

それだけ日本人の給与が下がり、中国人の給与が高くなって
きている。

確かに世間は不景気で、日本の給与が下がっているが
中国では、世間一般の給与は上がっているのに
日本人の給与は、日本国内と同じというのも可笑しいといえば
可笑しい。

日本人は、理解していないが、海外で日本人が理解されている
のは、給料が高いので、知識も経験も現地の人より有る
と理解されていることである。

これが、現地の人と同じ給料では、能力も同じと見られ
言う事を聞く人はいなくなる。

何故なら、能力と給料は比例するのが海外では当然だからだ。

日系会社がコストダウンとして、日本人の給与を下げていくと
やがて、日本人の支持に従わない海外の子会社ばかりになり
日系会社は墓穴を掘ることになるだろう。そうなってからでは、もう日本の会社は海外で操業することは
不可能になる筈です。

当然、日本の価値観も現地に置き換えられて衰退する
方向にゆき、社内言語の共通化等という馬鹿げた運動を
起こす必要も無くなります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">