中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国で多重抵当の詐欺

FrontPage

中国で多重抵当の詐欺

中国で同一商品の多重抵当で外国銀行から金を借りていた企業が
調査されている。

中国政府は現在調査中であるが、この会社は金属商品を大連青島港に保管していて保有者は青島徳誠鉱業公司、
ここの経営者はシンガポール国籍の中国人
で、身柄を拘束している。

おそらく、シンガポールに移住した(逃げ出した)中国人のようです。

中国では、現在金属素材は売れず、在庫が山積みで運転資金に事欠いています。

それにしても、中国人とは悪い事を平気で行い、うまくいけば儲けものとの感覚が
骨の髄まで染み透っています。

真面目にこつこつやるのは愚か者の商行為で、人を騙すのが商行為となっています。

こんな人間と商売しているのですから、中国の商売はとても日本の様にはいきません。

おまけに、政府がごろつきで詐欺師の肩を持つ世界ですから、中国でまともな
商売をやるのが不可能です。

それでも、中国に進出する日本企業はいったいどうやって生き延びようとしている
のでしょうか?

確かに極稀に正直な人もいますが、それは例外中の例外で一般的には騙し騙されの
世界が日常です。

中国での正義は、金を儲ける事のみです。

そして、金が溜まれば外国に移住する事で生涯の目的が完了します。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">