中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国で起業3

FrontPage

中国で起業3

中国で日本人が起業すると、どうしても売掛金の回収が
難しく、焦げ付いて回収不能になり、経営が圧迫されて
破綻するケースが多いようです。

これは、地場の企業でも売掛金回収不能で機械を買い手から
引き上げている事でも分かります。

中国では、友人が注文を受けて機械を発注すると
注文が納品されて金を貰うまで機械の支払いを待ってくれる
等の事が有り、人と人との結びつきが強い社会習慣から
支払いに、余り拘らない所からきているようです。

その分、文無しでも起業が出来、夢の有る社会でもあります。

以上の事は、身内にのみ通用する事で、例えば出身地が違う
省では、全く信用せず、騙すことも平気で行われるので、
日常の会話で、出身地はどこだ?と言う会話が必ず聞かれる
のも、中国の大きな特徴です。

そんな世界で、外国人が起業すると初めての仕入れは現金で
前払いし、次からは納品後に支払いとなり資金の配分にも
注意しなければなりません。

おまけに、日系銀行以外ではあまり相手にしてくれませんので
資金の手当てもスムーズにゆくとは思えず、日本から
送金の形になり、この点でもいろいろなトラブルの種になります。

最近では、地場の企業も日系企業が支払いが確実なのを理解し
出来れば、日系企業と取引を望んでいる環境では余計な
競争に巻き込まれて苦戦を強いられる局面も出てきました。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">