中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国で癌患者が急増

FrontPage

中国で癌患者増加

中国では、癌で亡くなる人が増加している。

癌は、地域によって異なる癌が増加しているので、生活環境の
影響が大きいのだろう。

年間300万人ががんと診断され、270万人が癌で死亡している。

多い順に、肺がん、肝がん、胃がん、食道がん、大腸がんとなっているが

都市部では、肺がんが多くなるのは大気汚染が原因なのでしょう。

その他、化学物質やホルモンの入った食べ物が、癌や奇形児を
産んでいる恐ろしい環境で、内陸部の田舎から出てきた子供は
例外なく、喉を沿海部の空気でやられて、変な咳をします。

以前には、室内の壁などに使用する材料による血液癌が多く見られましたが
現在は、食べ物と飲料水の汚染、大気汚染で肺がんが増加しているのは
予想が出来ますが、流石に人口大国ですね、年間300万人が癌とは。

そろそろ、防毒マスクを中国では必需品になる様です。

こんな状態でも毎日生活は進んでゆきます。

そして、やがて国民は癌で死ぬ事を分からずに死んでゆくのでしょう。

もし分かれば確実に暴動が全国で起き共産党は葬り去られるのでしょうが
知らずに死んでゆくのが幸せかもしれません。

知っている共産党幹部は、国外にいつでも逃げられる準備を
既に構築済みで安全な国で、のんびり長生き出来幸せに暮らすのでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">