中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国で家を買う

FrontPage

中国で家を買う

中国で家を買う事1

中国、華南の住宅事情は香港の影響か、けっして良いとは言えない。

アジアでは、悪い方に近い。

中国は土地も有るのに、高層ビルを建てて分譲住宅として売り出す。

建設が始まると、分譲が始まり大体 頭金25%で(分譲価格の)

取得出来ます。

分譲価格は、都市により、所在地により異なりますが、
華南では50万元前後の価格が一般に多いようです。

この値段では、一般の中国人では買うのは無理で、
金持ちか外国人かになるでしょうか

設備は、24時間の保安管理、プール、ショッピングセンターが
併設されるのが普通ですが、無ければ少し安くなるようです。

現在、中国では1戸建は、政府が禁止しているらしいと人の噂ですが、

本当かどうか分かりません。確かに現在何処でも1戸建は見る事が出来ません

せいぜん、3−4戸の集合タイプのみです。
その為1戸建は値が上がっているとか。

中国の分譲住宅

中国では、分譲住宅にはセキュリティが付きます。

規模にも拠りますが、300−400戸の規模で付属する設備は

テニスコート、バスケット、プール、庭園に24時間の保安員が

標準のようです。

発売時には、工事中に頭金を徴収し発売して、1年位で建物が

完成しますと、買い主が自分の部屋の内装工事を業者に依頼し

2−3ヶ月で入居出来る様になります。

内装を早く発注すると、早く入居出来ますが、未だ周りは

内装工事中なので、埃と工事の騒音に悩まされる事になります。

中国のエレベーターは、制御装置の構成が悪いのか、不便で

使いかってが悪く、数も少ないので、急ぐ時にはいらいら

させられます。

中国の分譲住宅8

中国の分譲高層住宅は、自分で内装をしなければならないが

完成して、入居しても周りが内装工事中でうるさく、なおかつ

電気、水道が完成していない為、工事の為停電が起こる。

中国で、日本のマンションの様な分譲住宅を買うと、入居当時は

何かと、不便な事が多い。

元来、他人の迷惑等、念頭に無い国民性の為、日本人には

耐え難い環境が待っています。

この、期間約3か月を過ぎれば、落ち着いた生活を送る事が出来ますが

事騒音に関しては、夜の夜中に大音響でステレオをかけたりするので

不眠症の人には、中国で暮す事自体が、かなり体に堪えます。

中国人は、それでも別に文句を言わないようですので、当たり前の

事を、しているのでしょう。

この、感性を持って、東京に行けば当然周りから苦情がきて

中国人への、アパート入居はおことわり となるのでしょう。

カスタム検索

花園 保安管理
安全 不便

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">