中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国で援助のダムが決壊

FrontPage

中国で援助のダムが決壊

中国が援助して作られたカンボジアの水力発電用ダムが
水圧に耐えられず決壊した。

近年、中国の土木会社が東南アジア等で、橋やダム、トンネル等の
工事を受注しているが、確かに中国の会社の受注額は
低いのでしょうが、決壊したり崩落してはたまりません。

庶民にとっては、大変迷惑な話でも政府の役人達にとっては
中国の会社は賄賂を沢山くれるので歓迎されているのでしょう。

そのかわり、できたそばから壊れていきます。

本当に、中国製はいい加減な安物製造の国です。

この点は地球上の常識になっていますね。

それでも懲りずに、マレーシアでは第2ペナン大橋を中国の
会社に発注しているのですが、何時橋が落ちるか分かりません。

落ちれば相当数の人々が死ぬ事になるでしょう。

中国は、国内の橋でさえ毎年10個近い橋が崩壊している
実績から考えて、開通までに崩壊しなければ開通後2−3年で
崩壊のニュースが現れると予想できます。

この橋で死ぬのは無駄死にです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">