中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国でパソコンを買う3

中国の社会10

MenuBar
FrontPage

中国でパソコンを買う

中国のインターネット事情

華南では、殆どの地域でインターネットに
接続出来るが、スピードは常に遅い。
又接続人口に対して回線が少ないので、
よく止まる。

ADSLでも、同じ状態である。

インターネットカフェでは、時々、アダルトサイトを
見ているのか、警察の一斉手入れがあり経営者が連行されて
いくことがある。

官憲は、インターネットを検査しているそうで、
なんとなく、理解できる。

ソフトは、今でもコピー商品が出回ってあり、
悪いと知りつつ使っている人もいるようだ。

パソコン本体は、日本よりやや高めで、ノートブックは、価格
品質の両面で日本の方が良い。

付属品に関しては、安いのは、中国
品質を考えれば日本に軍配が上がる。

中国のインターネット事情2

中国の沿海部では、現在ADSLがほとんどの町で

使用出来る。

速度は、256Kと日本には、及ばないが、朝早い時間帯は

1.2M位まで出せます。

この点では、マレーシアより進んでいます。

ただし、通常時は私の住む 長安では56kも出れば

おんのじで、ブロードバンドは到底無理です。

費用は、1か月24時間使い放題で140元(2000円)で

まあまあの値段です。

皆さんも一度ビデオチャットを中国で試してみては

如何ですか?

中国のDVDビデオ1

中国では、日本の古い映画のビデオが売られている。

例えば、小津安二郎作品、三船の忠臣蔵などなど

私は、日本に居る時には、邦画をほとんど見た事が

ないので、初めて見る物ばかりです。

いけないとは、思いつつ、ついつい見てしまいます。

でも、このDVDは、どうやって出来るのか不思議です。

中国の海賊盤は、映画館でビデオに撮りそれを

ダビングしているのが、ほとんどです。

日本の古い映画は、日本でも上映されていない筈なのに。

どうやって元をえているのでしょうか?

中国のインターネット事情5

中国では、ADSLは1.5Mは出ません。

早朝(3−5時)で、最大900KBから1MBでしょうか。

これも、平日の早朝で土日は200KBでれば最高で 50−60KBが

よいところです。

無線LANは、試していませんが少し早いようです。

この環境かでは、ブロードバンドは、パントマイムかブレークダンスに

なり、見ていて楽しくはありません。

インターネット人口が急速に伸びているので、電話局のサーバーが

間に合わないようで、とうぶんこの状態が続きそうです。

日系の会社では、社員用にインターネット接続パソコンを設置して

いる所も出てきているようです。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">