中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国での働き方2

FrontPage

中国での働き方2

中国の転職9

中国では、転職はそれ程非日常の事ではない

中国では、平均勤続年数は2年以下になるのでは
ないかと感じます。

以前マレーシアでの、日系企業のワーカーの
平均勤続年数が1.92年

でしたので、同じ位ではないでしょうか。

この為企業は、常に新規採用を行い採用者を
訓練し生産を確保しなければ直ぐに、
工場は生産縮小してしまいます。

特に低賃金で、食事が不味い会社は社員が居つきません。

日系企業の中には、食事の予算を十分取っているので
大丈夫と考えている経営者もいますが、
中国人の担当者(購買担当)が業者からピンハネし

実質は、安い粗悪な素材を社員に食べさせている事が
あたり前です。

知らぬは、日本人のみ。

現在は、華南で社員を集めるのが大変な状態なので、
こうゆう会社はやがて、中国から内陸か他の国に移転するか、
倒産になるでしょう。

中国の通関

中国では、通関手続きが何種類か有り、それぞれ特徴が有る。

1、包括申請

1年の輸入機械部品、消耗品、部材の枠を申請して通関手続を
簡素化する。

2、手帳申請

議未亮蠶△傍入して、荷物が発送前にその都度申請する

3、国際郵便、DHL,Fedex,OCS等を使用する。

私の知っているのはこの位です。

現在の会社は、2の方法を使っていますが、
なかなかうまく運ばないようです。

ある時、日本から香港までついてから中国の税関で、
止まり香港に戻して運送方法を変えて、
船で運んだ事がありました。

急いで設置しなければならない、
機械だったので予定が大幅に遅れて

大変困りましたが、中国では当然あることです。

日本から来たばかりの人は、理解出来ないらしく、
何故何故ととうていましたが

これが中国です と言う回答は余計理解できないようです。

中国の経営書

中国にも経営書は、沢山出回っています。

おそらく、世界に出回っている本は全てあるのでは
ないでしょうか

ナポレオンヒルの本も数種類出ていて、
夜店の屋台で15元位で売られています。

中国では、再販防止法が無く、新刊が出ると旧刊は
このような夜店に売られるのでしょうか。

時々、夜店を覗くと面白い本が安く売られているので、
思わず買ってしまいます

特に道路地図は、華南を除いてはそれ程変化が早くないので、
買って事件が起こった時に、どの地方か確認出来て
とても便利です。

中国は国土が広いので、なかなか全体が
つかみ難いため地図があると便利です。

中国の労働法

中国では、労働者を解雇するには、2ヶ月(60日分)
の解雇予告手当が必要です。

これは、中国の法律で決められていて、
それ以上払う必要はありませんが、
日本の様に、30日ではないので注意が必要です。

その為、中国人の中には解雇してもらった方が辞めるより
楽だと考える人もいます。

日本人は、残業は1,25で25%増しの時給を
残業代と考えている人が

多いですが、日本以外では全て 50%増し、
深夜と休日は100%増し

の残業が付く事を知らずにいる、人が結構います。

外国では、外国の法律を理解し対処したいものですね。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">