中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国での生活費2

FrontPage

中国での生活費2

中国の生活に慣れて来ると、生活コストを抑える事が
楽に出来る様になります。
それだけ中国では生活程度に依る幅が広い訳です。

中国で、生活費を抑えるには外食を抑えると劇的に低下します。

2007年に食物の価格が値上がりして、レストランの値段と
量が、劇的に上がりその為現在では、外食は庶民にとって
高くつきます。

その為、庶民の対策はスーパーで惣菜を買ってきて御飯だけは
自分で用意し食べるか、料理を自分でしています。

こうすると、外食の5分の1位に、料理すれば10分の1位に
節約出来ます。

なにやら、日本と同じ様になって来ているので、日本人には
余り窮屈な感じは有りませんでしょうが、アジアには殆ど
外食の文化が根付いていますので、アジアの人達のほうが
大変な様です。

優雅に暮らせると思っていたらいつの間にか、日本と同じ
生活に変わっているのでは、始めて来る方は驚くでしょうね。

最も、この様な状態は、中国の極一部の地域だけで
内陸部に行けば、以前の外食生活が楽に送れるのですが。
それも、近い将来に無くなるでしょう。

中国での2009年の暮らし

4−5年前までは、1カ月に700元も有れば家族4人の
生活費は、何とか賄われていましたが、現在では1000元でも
少し苦しく、華南の都市部の生活は苦しくなっているようです。

勿論、この生活費では外食だけの生活では無理で、家庭料理が
主体になりますが、それでも2007年以降の肉、野菜の値上がりは
都市生活者の懐を直撃しました。

一度値上がりした物は、全く値下がりしないのが中国で、<br>
その為に、都市生活者は生活が苦しくなり、外食が減っています。

今まで、湖南料理屋は湖南人が多い為倒産は全く有りませんでしたが
ここ最近は、倒産、店仕舞いが出てきました。

確かに、殆どの料理屋が夕飯時に満席に成る事は少なくなり
中国料理屋は潰れる確率が少ないと言う事も、ゆらいでいます。

特筆事項は、中華料理は残る位の分量が出るのが普通ですが
現在では、足りない位の分量きり出ませんので、1品辺りの
分量の減少の為、より多くの品を注文しなければならず
値段の上昇と相まって支払いが嵩む事に起因しているようです。

中国でも、家で食事するのが主流になり、以前の景気は
確実に消失している様です。

物価 上昇
外食 中国

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">