中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国での仕事情勢

FrontPage

中国の仕事情勢

中国の最近の事情

中国では、日本人高齢者の失業が増えている様です。

私の周りの知人の多くが、失業して職を探していたり、
日本に帰国したりしています。

特に、香港、台湾、中国系の企業で働いていた人達が
1,2年で失業するケースが多い様です。

今、中国地場企業が募集する職場も1年で失業する確率が
多いのではと、感じています。

人材紹介会社でも最近は、この様な傾向が強いと言っていました。

日本に進出した中国企業が、同じ様な傾向にある事は
当然ですので、注意が必要になりますね。

中国の産業界

中国の産業界では、現在日本人技術者を採用し始めている。

中国の大手企業から中企業まで、採用の目的は
大企業は、製品の品質と新製品の開発の為
中企業は、品質向上と日本の顧客開拓、円滑な交渉の為
それぞれの企業が人材銀行等に募集をかけている。

募集は、かなり範囲がはっきりしていて、日本人で
適合する人はそれ程多くないのではないかと思われる程の
高度な専門家を望んでいる様です。

当然、年齢に制限は無く、リタイア後の専門家を入れて
早急に製品の高度化を図り世界市場で日本の製品と競争出来る
物を作る体制を確立したいとの思惑の様です。

その為給料は、日本の会社より高く、待遇も良いですが
住環境は、かなりばらつきが有ります。

1−2年中国で働いて、まとまった金を残そうとお考えの
方には、最適ではないでしょうか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">